RECRUIT採用情報

求める人物像

人間は7対3。まずやってみる気持ちをみせてくれ。

今の社長は創業時からこれまで、時代の流れを肌で感じ、常に求められる価値の変化を、身をもって味わってきました。社長の見つめる先にあるのは「人」です。どんなに自動化して機能が増えても、人の心には勝てません。
「どんな人間でも7割は良いところがある。そこを伸ばせばいい」と社長は言います。そして、これからの社会を支える後継者たちに対して先駆者がすべきなのは、単に技術や経験を積ませる環境を用意するだけでなく、自分の良いところに気付き、伸ばしていこうとする気持ちを引き出すことなのだと。
だから貫野建設は、経験と勘がものをいいがちな建築業界の常識を常に疑い、率先してしくみをつくり、誰でもどこかで力を発揮できるチャンスをつくっています。 建築のスペシャリストとして街を形づくる興味と、自分の力を信じてまずやってみようという勇気。
貫野建設に必要なのは、自分を伸ばしていこうと前を向く気持ちです。

計算などいらない。目の前にあるものを楽しむ心が仕事をつくる。

貫野建設がここまで発展してこれたのは、がむしゃらにお客さまを想い、仕事を形にしてきたからです。でも、だからといって無計画に気力だけで乗り切ろうとしてきたわけではありません。計算ではない想いで試行錯誤を繰り返し、さまざまな工夫をしくみにしてきたのです。そこにあるのは興味をもつ心や、目の前の困難を楽しむ気持ちです。
はじめから自分が何に向いているかなんてわかる人はいないのだから、次々と変わっていく状況を楽しみ、何ができるかを前向きに考えていってほしい。そのうちに仕事がわかるようになり、さらに上を向くようになるのです。そこに必要なのは、興味をもって見届けよう、最後までやってみようという心です。

例えばこんな方、ぜひ貫野建設へ来てください!

・ものづくりが好きな方
・人とかかわることが好きな方
・負けず嫌いの方
・何でもいいので全力で取り組んだ経験をもつ方(部活でもアルバイトでもボランティアでも)
・自分で考えて動くのが好きな方
・計画もするけれど、柔軟に変えていくのも得意な方
・失敗をおそれず、挑戦したい方

経験も年齢も問いません。もっと待遇のいい場所で働きたいという経験者も、興味はあるけどこれからの未経験者も、自分のペースでやってみることができます。 まずは見学に来てみてください。きっと自分にあったスタイルがみつかります。